学研ゼミに登録してみました。
学研ゼミはあの学研がやっているネット学習です。

今の子供たちは、塾だけでなく、習い事に追われていて、部活をやっていない子供でも、遊べる日などが決まっていたりします。
塾に行くとなると、時間も送迎もお金もかかるので、なかなか踏ん切りがつかない部分もあったりしますよね。

かといって、勉強をしないのも困るので、自宅で何とかうまく勉強ができないものかと探していました。
自宅学習の基本的なものとしては、参考書を解いていく方法もありますが、わからない問題を私が教える必要があったり、ペース配分がわかりにくかったり、勉強した!といってしていなかったり(←多いですw)と、目が届きにくいんですよね。

自宅でできるタブレット学習の中でも、学研ゼミは、親のページがあり、自宅での進捗状況や点数、苦手な部分などの分析ができるので、管理がしやすいです。

学研ゼミは子供の年齢や学年によって大まかに分かれています。

  • 幼児
  • 小学1年生、小学2年生
  • 小学3年生、小学4年生
  • 小学5年生、小学6年生
  • <li中学生

学研ゼミのキャンペーンコードは?

申し込み時に学研ゼミキャンペーンコードを入力する欄がありましたが、キャンペーンコードをネットで探しても出てこなかったので、紹介とかなのかな?(見つけ次第、学研ゼミのキャンペーンコード追記しますね)

学研の口コミ情報が少ない!

キャンペーンコードと一緒に、学研ゼミの口コミも探しましたが、実際まだ始まったばかりなのか口コミが少なく、評判がいいのか悪いのかもわかりませんでした。

とは言っても、あの学研さんだけに、悪いことはないだろう・・・と、無料体験中に試してみました。

学研の無料体験は、1か月(月内無料)なので、登録をするなら月初めがお得です。

まぁ、そううまいこといかないと思うのですが、無料でお試しできるので、いいですよね。
もともと、小学4年生の娘は進研ゼミの『チャレンジ』の紙テキストをやっていたのですが、イメージすることが苦手なので、図形の展開図などに苦戦・・・

長女(小5)長女(小5)

展開図とか意味わからないし・・・

計算得意だからいいの~

ママママ

最初にクレジットカード登録するのって抵抗あるよね。
登録だけさせて解約忘れてお金取られそう。。

学研ゼミの登録はクレジットカードなどの入力が不要

有名どころの学研だけに、会社に関しての説明は必要ないかと思いますが、学研の学研ゼミは、とても費用がお安いので、続けやすいんです。

学研ゼミ タブレット学習口コミ

学研ゼミおおよその費用はいくらくらい

自分が必要なものだけをチョイスでき、一般的なドリル(スマートドリル)だけだと、小学1年生~2年生は月500円、小学3年生~中学3年までは1000円。

ゲームの要素があるワンダードリルだと500円、他に図書ライブラリーや学研チャンネルなど辞典が見れたり、本が読めたりなどのものもいくつかありますが、各々500円で実施ことができます。

ワークだけだと3年生からでも1000円!というのはお安いですよね。
全部登録しても7つのシステム(うち1つは幼児なので兼ねないので6つ)で全部やっても3000円!(3年生以上は3500円)

お勉強のドリルだけであれば、1・2年生は500円、3年生以上でも1000円という破格のお値段です。

学研ゼミ タブレット学習口コミ

初月無料だったので、辞典や新聞などおまけ要素もものまですべて注文してみました。(タダだしね。ムフ。。)
ちょうど登録月が3月と学年の区切りだったため、春休みなどを利用して進められるかなと、ドリルも上の子の中1、そして新しい学年の中2、娘の現学年の小4と新学年の小5とすべて登録しました。(複数学年もすべて初月無料です)

 

登録といっても、クレジットカードの入力もなく、学年と必要なものをチェックで選ぶだけでいいので、解約し忘れて、月会費が発生するというのもないのが学研さんのいいところ。

 

学研ゼミ タブレット学習口コミ

 

あれ・・学研ゼミの申し込み画面に値段が出てるぞ?!

申し込み画面には1000円と表示されるので、びっくりしましたが、クレジットカードを入力せずに申し込みするというボタンと、クレジットを入力するというボタンが2つあるので、入力せずに申し込むの方をクリックすれば、そのまま登録ができ、さらにその後すぐに利用することができます。

私も登録後すぐに学校の教科書などの設定をし、早速やらせています。

子供の取った点数や学習時間、単元などが親のログイン画面から見れ、また子供別に見れるので、兄弟で同じ端末を使うこともできるし、わりと使い勝手は良さそうです。

学研ゼミ無料体験はこちら