学研ゼミのワンダードリルをお試ししてみました。
ワンダードリルは月額500円でゲーム感覚でやる気をアップさせてくれるドリルです。

学研ゼミ無料お試しはこちら

ワンダードリルってどんな感じなの?難易度は?

ワンダードリルは、算数王国(マギカポリス)、国語ノ国(大江戸城)、社会の森(ユグドラシル)、理科公国(アクアフロンティア)、英語帝国(スカイスコープ)の5つの国に分かれています。
5教科に対応しているので、幅広く遊べるのはいいかもしれません。

 

ワンダードリル見本画像と動画

 

英語も初級からあるので、小学生から英語に触れて遊ぶことができます。

難易度が初級、中級、上級、最上級と4段階に分かれています。

  • 初級・・・小学1年生、小学2年生
  • 中級・・・小学3年生、小学4年生
  • 上級・・・小学5年生、小学6年生
  • 最上級・・・中学生

 

 

ワンダードリル見本画像と動画

 

2学年ずつに難易度が区切られているので、下の学年の場合は、習ってないものも出たりと、少し進めにくいかもしれませんが、遊びながら覚えていくと思えば、それもありかなとは思います。

中学生が一括りにされているので、中学1年生の初めのころだとなかなか進みにくいかもしれませんね。

 

 

動画は、小学1・2年生の初級です。

英語の耳を作りたい時期なので、ヒアリングができるのは、とてもいいですね。

聞き逃せば、何度でも聞くことができる設定になっています。

 

毎月500円なので、お安いですが、ワンダードリルだけで勉強すると考えると物足りないかと思います。

あくまでも、スマートドリルにプラスして遊び感覚で学ぶという位置づけがいいかなと思います。

 

学研ゼミ無料体験はこちら